2016-12-13

いきなり冬&サンフランシスコ。

 12月に入り、「今年は雪もまだ降ってないし、気温もそんなに下がらないし、どうなってるんだろうね〜」なんて話を頻繁にしていました。


 が!!


 冬はいきなりやってきました(笑)。 僕が日本から戻ってくると、普段はほとんど雪など降ることがないバンクーバー空港が雪化粧をしていてビビりました。 「あれ? もしかしてカルガリーにダイバートした?」って一瞬本気で思ったほどです。 


(上:僕が住んでいるところの側を流れる川も凍りました。)

(上:仕事でよく行くホワイトホースは−33度。 「極寒」ですって・・・苦笑。)

video
(上:散歩の途中で見かけたうさぎです。雪が降っても元気に走り回っています。)


 ===============

 先日、カルガリーからサンフランシスコまで行って来ました。 片道2時間ちょっとのフライトです。 サンフランシスコに行く時はいつもなにかが起こります。 過去数回のフライトでもそうでした。 他のパイロットと話をしていても、「今からサンフランシスコまで行くんだ」って言うと、「Good luck!!」って皮肉たっぷりに言われるような感じです(笑)。 なぜなら、サンフランシスコへのフライトはなんらかの理由でいつも遅延が発生し、オンタイムで飛べることはほとんどないからです。 

 そして今回も例外ではなく、出発前から3時間ほど地上待機を余儀なくされました。 どうやらサンフランシスコの天候が悪く、サンフランシスコへ飛んでくるトラフィックの量を制限しているとのこと。 「Ground Delay Program」と呼ばれるもので、テイクオフできる時刻が航空管制に制限されることを指します。 幸い、ゲートに向かう前にこの遅延についてディスパッチャーから連絡が来ていました。 なので、できた時間を利用して朝ごはんを食べたり、コーヒーを飲んだりしてまったり過ごしました。 

 霜が降りていたこともあり、出発前にはde-icingスプレーをし、予定よりもだいぶ遅れて離陸しました。 フライト自体はスムーズで、特に問題もなく、簡単なフライトです。 今回はILSで着陸だったので、いつものようにクレイジーなビジュアルアプローチをする必要もありませんでした。 サンフランシスコ空港は忙しい空港の割には周波数がタワーもグラウンドも1つずつしかありません。 そのため、無線はノンストップで誰かが話しています。 誰かの会話が終わった瞬間に発信をしても、他にも同じタイミングで発信している人がほぼ毎回いて、お互いをブロックしちゃうことも多々あります。 しかも、前回行ったときには誰かがstuck microphone状態(無線の発信ボタンが押し込まれた状態でひっかかってしまい、ず〜っと発信している状態になってしまうこと。 こうなると他の飛行機のパイロットが無線で喋ろうとしてもつながりません)になっていて、えらい目にあいました。 今回はそういったトラブルもなく、スムーズなフライトでした。

 (上:お隣のゲートにはユナイテッドの747が停まっていました)

  サンフランシスコは雨。 海から張り出した雲が空港を覆っていて、雲底は低かったです。 この空港はユナイテッド航空のハブ空港の一つのようで、そこらじゅうにユナイテッドの機体が停まっています。 特に747が現役でいまでも飛んでいて、見ているとなかなか楽しいです。 他にもアジア系の航空会社のエアバス330/340やら、日本航空の787、その他のワイドボディー機がたくさんいます。 そんな中を我々は小さなCRJ900で運航しています(笑)。 一旦空に上がってしまえば巡航高度もスピードもワイドボディー機とはそんなに変わらないんですけどね。 

 サンフランシスコやヒューストンなどはこの時期でも気温が比較的高く、パイロットには飛びやすい環境です。 というのも、気温が0度以下になると「cold temperature correction」という作業が必要になります。 これは、気温が0度を下回ると気圧高度計が正しい海抜高度を表示できなくなるので、正しい高度を表示させるためにはその誤差を計算し、そのご差分を表示されている高度に足す、という作業をしなければいけません。 簡単な暗算ですが、毎回のフライトでやるとなるとちょっと面倒です。 そういうことをしなくてすむ温暖な場所へのフライトはこの時期大歓迎です(笑)。



(つづく)

2016-12-07

訓練と一時帰国(その2)

 日本にいるのに日本時間に順応しないというのは不思議なものです。 

 -日本時間の午前2時過ぎ(カナダ時間の朝)にはまだ真っ暗の中、銀座の街を散策。 朝ごはんを食べ、また徒歩で街を散策。 







 -日本時間午前6時過ぎには前からやってみたかった皇居ランを敢行。 本当はもっと早くに走りたかったのですが、さすがに午前4時とかに走ると暗いし、職質を受けるのではないかと思ってやめておきました。 皇居の周りはいいですね。 国会議事堂前にも立ち寄り、気分は完全に観光客! 











 -ランニング後は2度目の朝食。 日本に戻ると食欲がもりもり湧いてきます。 ご飯おかわり自由の食堂で朝からご飯を3杯もおかわり。 

 -食後はスタバでコーヒー。 ドリップコーヒーがカナダの倍の400円近くもすることにびっくりしました。 

 -日中は買い物などで銀座・有楽町周辺を散策。 いや〜、やっぱり日本は便利でモノが豊かです。 

 -夜は小学時代の親友でピアニストの友人と食事。 楽しい話がたくさんできました。 

 -さすがに夜になると疲れてきて、その日の夜は日本の夜のタイミングで寝ました(これが実は失敗!)。 翌日は日本時間の朝に起きました。 

 -そして朝はまたもランニング。 今回は浅草方面に向けて川沿いや首都高の下、下町っぽいところを走りました。 スカイツリーを見ながら河川敷を走るのは気持ちが良いです。 日本でのランニングはカナダでのランニングとはまた趣が違って良いです。 

 -ホテルを午前中にチェックアウトし、自身初めてとなる秋葉原を散策。 行列のできるラーメン屋に立ち寄り、午後3時過ぎにはバスに乗って東京を離れ、成田空港に到着しました。 あとは時間を潰し、ラウンジでゆっくりし、バンクーバー行きの午後7時のフライトで日本を離れました。

 ----------------------

 カナダに戻ってきて2日経ちました。 日本にいる間もなるべくカナダ時間で行動したつもりでしたが、やっぱり時差ボケにはかかるみたいです。 原因はきっと2泊目の就寝時間。 もろに日本時間で寝て、日本時間で起きました。 初日に張り切りすぎて走りすぎたのか、日中に歩き過ぎたのか、はたまた夜のお酒が聞いたのか。 たった一晩日本時間でぐっすり寝ただけで時差ボケになるとは思いませんでした。

 なにはともあれ、2泊4日でも日本への一時帰国を満喫できることがわかったので、また機会があれば同じように帰国してみたいと思います。 実家にも戻りたいですが、2泊ではちょっとむずかしいです。 またそれは長期休暇が取れた時にしようと思います。

  明日からまた仕事で、明日はカルガリーからサンフランシスコに行きます。 サンフランシスコに行くときはいつも波乱が起きます。 出発がものすごく遅れたり、サンフランシスコに到着後にゲートが空いてなくて1時間近く待たされたり・・・。 明日はなにが起きるでしょう。 楽しみです(笑)。


(つづく)





 

2016-12-06

訓練と一時帰国(その1)

 11月はとても忙しい月になりました。 月の上旬に休みをまとめて取ってロンドンに行ったため、カナダに戻ってきてからは必死に働きました(笑)。 特に、11月18日からはほぼ毎日仕事でした。 航空法に基き、連続勤務できる日数は限られているんですが、そのMAXで働きました。 

 僕が働く会社では、毎月の勤務日・休養日はリクエストを出すことができます。 リクエストを出すと、「ブロックビルダー」という役割を請け負っているパイロットの一人が機種・ベース毎にいて、その人が担当する機長と副操縦士のスケジュールを立てるということになっています。 このスケジュールのビッド(リクエスト提出)が毎月中旬頃にあり、下旬までには翌月のスケジュールが確定するという仕組みです。 リクエストはブロックビルダーが精査し、年功序列制度に基いてスケジュールが決定していきます。

 僕は通常「長い休み、長い勤務日」をリクエストします。 働くときは長い日数働きますが、そのかわり休みも長くなります。 今のところ、月の半分ほどはお休みです。 なので、うまくいくと毎月1週間ほどの連休を取ることができます。 しかも、これを月末にもってきて、翌月も「長い休養日を月初めに」とリクエストを出し、これがうまく通ると2週間ほどの連休のできあがりです! 僕が旅行等でいろんなところに行けているのはこの制度と、こういうスケジュールをリクエストしているおかげです。 ありがたや、ありがたや(笑)。 というわけで、いつも遊んでいるわけではなく、働く時は一生懸命働いています。

 連勤続きの途中にはトロントにて6ヶ月に一度の資格更新訓練とテストを受けてきました。 また、その直前には通常の運航中に監査を受けるラインチェックも受けました。 どちらも合格し、これでまた半年間CRJに乗務できます。 これら以外にもウェブ上のトレーニング(主に飛行機のシステムなどの理解確認)をこつこつやっていました。 CRJに乗務するようになって1年が経過しようとしているので、いろいろとトレーニングイベントが重なった形です。

(上:シミュレーターの様子)

 訓練が終わり、約2週間のハードスケジュールが終わったあと、6日間の連休ができました。 カルガリーにいても特にすることもなく、今住んでいる家の上の階で床張替えをするという話を大家から聞いていたので、カルガリーにいてもゆっくりできない!と思って一時帰国することにしました。 今回は2泊4日の強行スケジュールです。 今まで日本に帰国するときは短くても1週間以上は滞在していたので、こんなに短いのは初めてでした。

 今回の帰国にあたり、一つ実験をしてみました。 それは、

 「カナダ時間のまま、日本滞在できるか?」

 です。 つまり、日本にはいるものの、体内時計はカナダ時間のまま滞在できるのかということです。 これはちょっと興味がありました。 

 カルガリーから成田へはこの時期は直行便は毎日飛んでいるわけではないので、今回はバンクーバー経由成田行きとなりました。 今回も往路は結構空いていて快適でした。 日本に到着したのが3日の夕方(カルガリー時間で真夜中といった感じ)です。 

  続きは次回。


(つづく)

2016-11-14

ロンドン(その2)

 ロンドンはヒースロー空港に着きました。 ロンドンには他にも2つほど空港があるみたいです。 ギャトウィック(Gatwick)空港へはカルガリーから他社便が飛んでいたりもします。 ロンドンの街を歩いているとひっきりなしに飛行機が上空を通過していきます。 僕が見たのはほとんどが大型機で、方角的にはヒースロー空港へのアプローチをしている飛行機のように見えました。 イギリスのBrithish Airwaysは今でもボーイング747を飛ばしていますし、エアバスA380も運航しています。 さすがイギリスの首都、人の流れの単位が一桁も二桁も違うように感じました。

 さて、今回は大英博物館、科学博物館、ロンドン博物館、ナショナル・ギャラリーなどなど、いろんな博物館・美術館にいきました。 ロンドンは物価が高いですが、その代わり博物館や美術館の多くは入館料無料です。 これはありがたいですね。 おかげでいろんなところでいろんなものを観ることができました。  博物館などでは音声ガイド(audio guide)がある場合にはなるべくそれを利用するようにしています。 大英博物館でも10ポンドで日本語の音声ガイドの貸し出しがありましたのでそれを利用しました。 展示物について英語で長々と説明書きがあっても僕はあまり読む気力がありません。 でも、音声で誰かに説明してもらうと頭に入ってきやすいですし、それを頼りに館内をあるくと効率よく見て回れます。 海外旅行で博物館などにいかれる場合には音声ガイドを利用することをお薦めします。

 (上:大英博物館内)

 (上:有名なロゼッタストーン)
 (上:こちらも大英博物館内)

 (上:ロンドンアイ<観覧車>)

(上:ロンドンアイからビッグベンを望む)

 (上:Gun Salute)

  (上:Hyde Parkでの紅葉と雨)

 ロンドンはどこも混んでいて、正直少し疲れました。 いつも人がさほど多くないカルガリーに住んでいるからか、もともと田舎者の僕だからなのかはわかりませんが、人に少し酔いました。 そんな僕が一番楽しめた場所の一つが公園です。 ロンドン市内にはいくつかの大きな公園があります。 Battersea ParkとHyde Parkの側に滞在したこともあり、公園内をよく歩きました。 朝にはジョギングにもいきました。 紅葉が綺麗な季節でもあったので、とても心が和みました。 公園には池があり、白鳥や鴨などの野鳥がたくさんいます。 また、犬の散歩をしている人も多く、イギリスらしい小型犬を連れた現地の人々を観察するのもまた楽しいです。 

 冬の天気が悪いとよく言われるロンドンですが、幸い雨が降ったのはカナダに戻る日の前の1日だけで、あとはずっと天気がよかったです。 寒いかな〜と思ってダウンベストなどを仕込んでいきましたが、ほとんど使いませんでした。 観光のスタイルにはいろいろあると思いますが、僕はどちらかというと現地に住んでいる人々が普段行うようなこと(マーケットにいったり、ランニングをしたり、地元のバーやパブにいったり)をすることが好きです。 観光地にいったり、有名なものを見て回るのも当然楽しいですが、「もしここに住んでいたらどんな感じなのかな?」と思って散策したり、裏通りを歩いたりして町並みを観るのが楽しいと思う年頃になりました(笑)。

 カナダに戻ってきてからも数日休みがありました。 通常、カナダに戻ってきてから時差ボケが完全に抜けるのに僕は2,3日かかります。 なので、休暇を入れるときにはその日数を必ず予定にいれることにしています。 そうでないと、時差ボケのままフライトするのは危ないですし、プロフェッショナルではないと思っているからです。 今回は時差ボケが抜けるのが早く、帰国後2日目には普段の感じに戻れました。 そしてまた仕事に復帰しました。 昨日まで4連勤でした。 仕事復帰後初フライトでちょっとしたハプニングがありました。 ここでは詳しくは書けませんが、カルガリーを離陸した後、すぐにカルガリーに引き返すことになりました。 そんな感じでエキサイティングな4連休がスタートしました(笑)。 今日から4連休で、それからまたしばらく連勤が続きます。 友人に「あんまり働いてないんじゃない?」と言われることもありますが、働くときは結構忙しく働いているんですよ(笑)。 月の終わりに休みをもってきて、翌月の頭に同じく休みを集中させるようにすることが多く、そのおかげで2ヶ月に1度は2週間ほどの休みが発生することが多々あります。 そういう理由から、「遊んでばっかりいるだろ?」と思われがちです(笑)。 こういうスケジュールを組めるのが今の会社、今の仕事の魅力だと思っています。

 今月末には資格更新のための訓練があります。 また勉強です。 パイロットの生活はこれの繰り返しです・・・(苦笑)。 


(つづく)

2016-11-09

ロンドン(その1)。

 先月末から今月上旬にかけてまとまった休みが取れたので、イギリスの首都ロンドンに行ってきました。 ロンドンには10年ほど前に一度、友人を訪ねて一泊二日で訪れたことがあります(笑)。 その時はフランスで行われていたツール・ド・フランスの最終ステージを観にパリにいっていて、その前に電車でロンドンまで行きました。 時差ボケが酷く、友達にロンドン市内を案内してもらったのに正直ほとんどなにも覚えていません。 覚えているのは観光後に友人宅にたどり着いたらソファーで爆睡してしまったことくらいです(笑)。

 カルガリーからロンドンへはエアカナダの直行便があるので、それに搭乗しました。 機材はボーイング787ドリームライナー。 しかも満席からは程遠く、隣は誰もいなかったのでゆっくりできました。 

 基本的に飛行機ではあまり寝れない僕が長時間のフライトに搭乗する時、機内での過ごし方はだいたいいつもこんな感じです:

(1)なにかしらの本・雑誌(iPadで読める電子書籍)を用意する
(2)ドリンクサービスではお酒を頼む(笑)
(3) 通路席を選び、1〜2時間に一度はしたくなくてもトイレに行く
(4)アイマスクを用意する
(5)邦画、または洋画の有名なやつを観る

(1)でだいたい1,2時間は潰せます。 (2)ではワインやビール、ジントニックなどを嗜む程度頼みます。 (3)をすることによってエコノミー症候群にかかることを防ぎ、また、気分転換にもなります。 トイレ周辺では少しだけストレッチなどをします。 (4)これがあると人が周りにいる機内でも少し落ち着けます。 耳栓も持っていますが、あまり使うことはありません。(5)良い月にあたると、まだ観たことのない邦画が2,3本もあることがあり、これで4時間ほど潰せます。

 今回は(2)のドリンクサービスでジントニックを注文しましたが、気前の良いキャビンアテンダントさんで、ジンの小瓶を2本も鷲掴みで渡してくれました。 おかげで楽しいフライトになりました(笑)。

 さて、ロンドン。 とりあえず写真を数枚どうぞ。

 (上:ピカデリーサーカス周辺)

 (上:同じくピカデリーサーカス周辺の中心部)

 (上:グリニッジ天文台にある本初子午線)

 (上:ロンドンブリッジ 訂正:タワーブリッジ)

(上:聖ポール大聖堂)

今回の旅から、滞在中に気がついたことを携帯にメモすることをはじめました。 そうすることによって旅行が終わってからどういうことを感じたかを振り返れるので面白いかなと思ってのことです。 今回のロンドンで感じたことは次の通り。 順不同で、あくまでも私感ですので、苦情は受け付けません(笑)
1. ロンドン市民は内向的な人が多い
2. 外国人が多い
3. 同性愛者が多い
4. 男性はキルトのジャケットが好き
5. アジア人は思ったほどいない
6. 物価が高い!
7. コーヒーは安い(フィルターコーヒーのみ)
8. 食べ物は美味しい
9. 人々は昼食を遅くに食べる
10. スーパーでお酒が買える
11. 男性は野球帽はかぶらない
12. 男性は髪型をだいぶ気にする
13. 北米風のダボダボファッションは見かけない
14. 地下鉄・バスは便利
15. どこにいっても混雑している
16. 徒歩でいろんなところにいける
17. SIMカードは安い
18. 地下では携帯は通じない
19. カスタマーサービスの質にばらつきがある
20. 彼らの英語は分かりにくい(僕にとっては)
21. 厚着する傾向にある
22. 肥満体質の人はあまり見かけない
23. 歩道であちこち歩くので、とても歩きにくい
24. 通りを横断するのはしょっちゅう
25. 歩行者は信号が変わるのを待たない
26. 公園は犬だらけ
27. 小さい犬が人気
28. 犬はお行儀がいい
29. たまに歩道に犬の糞が落ちていることもある
30. 車は歩行者のために止まってくれない
31. 古い昔ながらのお店が今だにたくさん存在する
32. そういうお店は入りにくい
33. レンタサイクルが人気
34. 膝穴あきジーンズ(女性)が流行
35. 結構どこでもトイレが見つかる
36. ラッシュ時の地下鉄は日本のそれと似ている
37. 混雑しているのに乗客は電車の奥まで入ろうとしない
38. レストランではチップは不要
39. でも、中には最初からサービス代金を請求してくる店もある
40. 言葉遣いは北米人よりも良い

ロンドンでの詳しいことはまた次回。


(つづく)

2016-10-13

海外でパイロットになろう!

海外でパイロットになろう! というグループをフェイスブック上で立ち上げました。

「海外でパイロットになろう!」

で検索してください。 Closed groupとしていますので、書き込みをしたり、投稿を読むには承認が必要です。 お気軽に承認申請を送ってください。


(つづく)

2016-10-11

冬到来。

 今月に入り、カルガリーは雪が降りました。 ついこの前まで休暇で暑い国にいて日焼けをして帰ってきたのに、早くも冬がやってきてかなりブルーです。 カルガリーにある韓国・日本食料品店にはサツマイモやかぼちゃが並ぶようになりました。 焼き芋を作り、甘栗を食べ、食生活だけはまだ秋です。 カナダは季節が変わるのが極端なような気がします。 春の陽気がやってきた〜っと思ったらいきなり夏になるし、今回のように秋は1〜2週間くらいしかなく、木々の葉っぱが色づいてきたな〜と思っていたらいきなり雪です。 日本は四季がはっきりしていて(多くの地方での話です)、それぞれの季節に楽しみ方がある。 特に食べ物がわかりやすいですね。 クックパッドを見ると人気のレシピを見るだけで季節感が掴めるほどです。 

 冬になると霜が降りたり、積雪があったりします。 そうなると離陸前にde-ice/anti-iceをしなければいけません。 これが実は結構面倒臭い(笑)。 以前のメディバックの会社であれば飛行機は常に暖かい格納庫内に入れてあるので着氷することはほとんどありませんでしたが、エアラインの場合はそうもいきません。 離陸前の機体点検時に実際に素手で機体表面を触って氷が張っているかどうかを調べます。 また、エンジンの空気取り入れ口のところもベルトローダーと呼ばれる車を地上作業員の方々に横付けしてもらい、そこを登って確認をします。 着氷があったり、雪が降っている場合にはde-ice/anti-iceをすることになります。

 de-iceとは、既に機体についている氷を溶かす作業のこと。 通常は温められたオレンジ色の液体を吹きかけて氷を溶かします。 降雪がない場合にはこれだけでオッケーです。 雪が降っていると、離陸までに翼の上に雪が降って凍りついてしまう場合もあるので、anti-ice(凍らないようにする作業)を行います。 これは通常黄緑色の液体を吹きかけて、翼の上に膜を作ります。 これによって雪が飛行機の機体に直接触って凍りつくことがなくなります(ある一定の時間内に限ります)。 これらの液体は離陸滑走時に約100ノット(時速180キロ)近くになると自然に風で吹き飛ぶように濃さを調整してあるそうです。 離陸後に着氷が会った場合には飛行機に備えられているanti-ice装備をON/OFFして対応します。 僕が飛ばしているCRJにはice detectionというシステムが備わっていて、機体に氷が着くとモニターに「ICE」と黄色い文字で注意書きがでるようになっています。 便利ですね〜。 詳しい仕組みについてはまた近いうちに写真を添えて説明したいと思います。

 まだ冬が始まったばかりなのでde-iceの手順やらになれるのに少し時間がかかりますが、冬の間は毎フライト毎にこれを行うので、ルーティーンになります。 冬はこういうことがあるので出発・到着が遅れることが多々あります。 カナダにご旅行の際は時間に余裕をもってフライトスケジュールを組むことをお勧めします。


(つづく)